×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

9.gnd meshの作成
 
 鎧や服はnifファイルの中にコリジョンの情報を持っておらず、地面に落としてしまったり捨てたりすると拾えないですし、CTDしたりするとも聞きます。
 コリジョンを持っていたら着ることすらできないでしょうけど。
 そこで、コリジョン情報を持ったnifファイルを別途用意して対応しているようです。
 このnifのことをgnd meshと呼んでます。
 
 今回はヴァニラのgnd meshを改変していきます。
 
 
 
9-1.BSA unpackerでヴァニラのデータを解凍する
 
 さて、まずはヴァニラのgnd mesh(nifファイル)を用意しなくてはなりません。
 ヴァニラのメッシュやテクスチャデータは圧縮されてProgram Files\Bethesda Softworks\Oblivion\Data\Oblivion - Meshes.bsa 等に格納されているため、解凍する必要があります。
 そこで、BSA unpackerを使います。
 BSAUnpack.exeを起動してください。
 図159のような小窓で出てきたと思います。
 
 図159

 
 OPENボタンを押すとSelect archive to openという小窓が出てきますので、Program Files\Bethesda Softworks\Oblivion\Data\Oblivion - Meshes.bsaを開いてください(図160)。
 
 図160

 
 そうすると、Oblivion - Meshes.bsaに格納されているmeshなどがずらりと表示されます(図161)。
 フォルダ名でソートすると探しやすいので、タブにFolder nameが表示されていることを確認してSortボタンを押してください。
 そしてmeshes\clothes\lowerclass\11\f\shirt_gnd.nifを探して選択してください。
 選択したらExtractボタンを押し、作業用としてこれまで使ってきたworkフォルダに保存してください(図162)。
 
 Extract allボタンを押せば、全てのファイルが解凍されます。
 解凍するまで時間が掛かりますので注意ですが、暇な時にでも解凍しておくといいかも知れませんね。
 
 図161

 
 図162

 
 解凍したnifのテクスチャを変更して、gnd meshを作っていきます。
 
 
 
9-2.テクスチャの作成
 
 まず、解凍したshirt_gnd.nifをnifskopeで開いてください(図163)。
 赤枠がシャツのデータ、緑枠がコリジョン情報です。
 
 図163

 
 nifファイルはUVマップ情報を持っていますので、それを出力してテクスチャを作っていきましょう。
 NiTriShapeDataの上で右クリック>Texture>Export Templateを選択してください(図164)。
 
 図164

 
 すると、小さい小窓が出てきたと思います。 図165ですが、小窓を大きくして表示させてます。
 workフォルダにtex.tgaと名前を付けて保存してください。
 Sizeは今回256pixelにしました。
 
 図165

 
 
 
 余談ですが、NiTriStripsとNiTriShapeDataの違いは知りません。
 ただ、以下のようにすれば切り替えることが出来るみたいです。
 メッシュを流用したいのに出来ない時などは、下記を試してみると良いかもしれません。
 
 図166  NiTriShapeData > NiTriStrips

 
 図167  NiTriStrips > NiTriShapeData

 
 
 
 話を戻して、workに保存したtex.tgaをphotoshopEL(もしくはgimp等)で開いてください。
 UVマップが描かれていると思います。
 あとは装備品自体のテクスチャ作りと同じですので、好きなように描いてください(図168)。
 
 名札はありませんので、ノーマルマップは透明な画像を用いてください。
 凸凹はおろかテカリを表現する箇所もありませんので、サイズはどんなに小さくても構いません。 256でも64でも32でも。
 
 図168

 
 保存は以下のようにしてください。
 テクスチャファイル  名前/shirtg.dds  保存形式/DXT1 no alpha   Genelate mipmap
 ノーマルマップは  名前/shirtg_n.dds  保存形式/DXT5   Genelate mipmap
 
 保存先は、装備品のテクスチャが格納されているフォルダと同じ(Oblivion\Data\Textures\clothes\test)です(図169)。
 
 図169

 
 これでテクスチャが出来ましたので、再びnifskopeでリンク付けを行なってください。
 図170のようになったでしょうか。
 
 図170

 
 このnifファイルを装備品と同じフォルダ(Oblivion\Data\Meshes\clothes\test)に格納してください(図171)。
 
 図171

 
 これで、必要なnifファイル、テクスチャファイル、ノーマルマップファイルが揃いました。

 
 
 前へ  次へ