×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

4-11.nifファイルのexport
 
 いよいよ、blenderで作ったメッシュをnifファイルとして出力します。
 不要なメッシュは全て消してください。
 (Bone Weight Copyで使った素体メッシュなど)
 
 そして、exportの準備をしていきます。
 1.materialをひとつにします(必須)(図97)。
  そして、col、spe、mirのRGBがそれぞれ1.000であることを確認します。(nifskopeでも修正が出来るはず)
 
 図97

 
 2.MeshのVertex Colorが設定されていないことを確認します。(nifskopeでも修正が出来る?)(図98)
 
 図98

 
 3.Map InputのUVが選択されていることを確認します。(必須)(図99)
  UV展開をしていて、これが選択されていないとexportできません。
 
 図99

 
 4.Nキーで出てくる小窓(Transform Properties)のLoc、Rotの値がそれぞれ0.000であることを確認します(必須)(図100)。
  また、Scaleが1.000、ParにScene Rootの文字があることを確認します。
  Loc、Rotがずれている場合は、edit modeでメッシュを移動、回転させて修正してください。
  Scene Rootの文字が無い場合は、weight設定未の状態です。
 
 図100

 
 ここまでのチェックはOKでしょうか。
 それではexportしましょう。
 object modeでメッシュ、boneが表示されている状態で、全選択してください(図101)。
 
 図101

 
 File>Export>Netlmmerse/Gamebryo(.nif & .kf)を選択してください(図102)。
 図102

 
 workフォルダを選び(既に選ばれていると思いますが)、tshirt.nifと名前を付けてExport NIF/KFを押してください(図103)。
 
 図103

 
 図104の画面が出てきますので、まずOblivionと書かれたボタンを押し、図104と比べて足りないところをチェックしてしてください(図104)。
 そしてOKを押せばexport終了です。
 多少時間が掛かります。
 
 図104

 
 nifファイルのサイズが軽い、exportが一瞬で終わるなどの症状は、exportする際にobject modeでメッシュ、boneを選択し忘れているか、weight設定されていないかが原因と思われますので、チェックしてみてください。

 
 
 前へ  次へ