×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

5.テクスチャの作成
 
 UVマップとして出力したtshirt.tgaを使ってテクスチャを作っていきます。
 photoshopELでの説明になりますが、gimpで代用が可能です。
 Gimp2を使おう ←こちらのサイトが参考になると思います。
 
 図105で説明します。
 まず、背景をコピーします(赤まる部)。
 次に自動選択ツール(緑まる部)を選択し、白い部分をクリック。
 選択範囲>近似色を選択をクリックすると、白い部分が全て選択されます。
 消しゴムツール(紫まる部)を使って、白い部分を消します。
 
 図105

 
 背景を隠すと、UVマップ出力で得られた線だけが残っているのが分かります(図106)。
 
 図106

 
 背景のコピーレイヤの下に新しくレイヤを作って色を塗っていきます(図107)。
 この時、名札−−Tシャツ&袖用レイヤは必ず分けておいてください。 後で楽です。
 マシンパワーが許すなら、色毎、パーツ毎にレイヤを分けることをオススメします。 色の変更など作業が楽です
 また、今回は省きますが陰影を描き込むレイヤも、色を塗るレイヤと分けることをオススメします。
 
 色を塗るのでなく、皮や布の写真をテクスチャとして貼るのも良いでしょう。
 写真開いてコピーペーストですから、ここでの説明は割愛します。
 
 図107

 
 胸元に、くまマークを貼ってみました・・・(図108)。
 (好きな絵や言葉を書いてみましょう!)
 
 図108

 
 陰影を付けたり、模様を描いたり、しわを描いたりする作業は、絵を描くのと同じですから、イラストサイトなどの絵の描き方が勉強になるかも知れません。
 綺麗な模様を描くためには、イラストレーターなどパスが使えるソフトがあると便利ですが・・・高いです(私は持ってません)orz
 模様を描く場合には、はっきりとした線で描くと綺麗に見えると思います。
 (ブラシで描くとぼやけてしまいます)
 
 それでは、テクスチャ描きはここまでにして、出力していきましょう。
 まず、UVマップの線が描かれているレイヤを2枚(背景レイヤ、背景のコピーレイヤ)とも消します。
 その後、レイヤを結合します。
 そして名前を付けて保存>ファイル形式をD3D/DDS(*.DDS)にして、tshirt.ddsと名前を付けて保存します。
 すると、図109のような画面が出てきます。
 
 図109

 
 DXT5   ARGB・・・と書かれている部分で、ddsファイルの保存形式を選びます。
 今回は上記のままで大丈夫です。
 そして、MIP Map Generationの中のGenerate MIP mapsにチェックが入っていることを確認してsaveボタンを押してください。
 これで、workフォルダにtshirt.ddsというテクスチャファイルが出来ました。
 
 次に、ノーマルマップを作ります。
 ノーマルマップは凸凹とテカリを表現します。
 
 まず、ヒストリーで作業を遡りレイヤの結合前まで戻ってください(図110)。
 
 図110

 
 名札レイヤ以外を全て消します(図111)。
 そして、workフォルダにphotoshop形式で、tshirt_n.psdと名前を付けて保存してください。
 
 図111

 
 photoshopELでの作業は終了です。
 続いてgimpを立ち上げます。
 先ほど保存した、tshirt_n.psdを読み込んでください。
 
 まず初めに、レイヤー>レイヤーを画像サイズに合わせるを選択してください(図112)。
 これをやらないと、保存時にgimpが勝手に空白部分を削除して画像サイズを変更してしまうようです。
 
 図112

 
 次にフィルタ>マップ>Normalmap...を選択します(図113)。
 
 図113

 
 そうすると、新しく小窓が出てきます(図114)。
 Scaleの値を変えると凸凹量が変化します。
 今回はテカリを出すだけなので、そのままOKを押してください。
 
 図114

 
 オレンジ色だった部分が青っぽくなったと思います(図115)。
 これがノーマルマップです。
 
 図115

 
 ファイル>別名で保存で図116の画面が出てきます。
 ファイルタイプをDDS imageにして、名前をtshirt_n.ddsにしてください。
 前知識のところで書きましたが、名前の付け方には決まりがありますので注意してください。
 
 図116

 
 CompressionをBC3/DXT5にし、Generate mipmapsにチェックを入れてOKを押してください(図117)。
 テクスチャファイルがDXT1であっても、ノーマルマップはDXT5を選んでください。
 
 図117

 
 これで、workフォルダにtshirt_n.ddsというノーマルマップファイルが出来ました。

 
 
 前へ  次へ